お探しの情報は見つかりましたか?

「いびき」には自覚症状はないのだが、家族や友達等の安眠を妨害したり、睡眠時無呼吸症候群、慢性疲労、脳梗塞、心臓病、突如死等たいへんな病気を生じさせたりするかも知れない
たかが「いびき」と甘くみたらたいへんな事に成るかも知れない。

赤ちゃんの喉の部分と云うのは大人よりも高く部分づけられている。更に舌が上の方にある為に口からの呼吸がしにくく、鼻呼吸ばっかりになりがちである。である為、鼻がつまったりすると夜鳴きやいびき、不機嫌等の症状を生じさせてしまう。

また、別の原因としては扁桃腺やアデノイドと云う咽頭扁桃が肥大している事が揚げれる。この肥大のピークは10歳前後だと云われている。この肥大が収まればいびきも自然と改善されるので赤ちゃんのいびきのケースの場合で、原因が扁桃腺等の肥大のケースの場合は少し様子を観ても良いのかも知れない。

また痛みであるが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みがでる事も有るし、異和感があるケースの場合は1週間ほどで紛失するとおもう。また食物を口にすると呑みこみづらい等の異和感があるケースの場合が有る。
治療後の食事規制であるがアルコールや煙草は控え、固いもの、熱いもの、辛いもの等の刺激物等も控えるようにした方が良いだろう。
また処方されたうがい薬を1日5から6回ほど使用してうがいするようにしてほしい。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ