お探しの情報は見つかりましたか?

薄毛や抜け毛が気に成る人にとって、毎日のヘアケアは途方もなく肝心である。
ヘアケアの基本と云えば、[シャンプー]であるが、シャンプーをした後は[リンス]を実践する必要が有る。
であるが薄毛で苦しんでいる人はリンスをしていない人が少なくないようである。
髪が細くてヘニャヘニャ・・、リンスなんてとんでもない!と云う考えからのようであるが、それは大きな間ちがいのである。
薄毛だからこそリンスをして髪を守ってやる必要があるのである。

髪が紫外線を受けるとキューティクルを傷めてしまう。
キューティクルがはがれてしまうと髪の水分が失われて、枝毛や抜け毛の原因に成るのである。
抜け毛が秋に少なくないのは、夏の紫外線が大幅に関係している。
海水浴やキャンプ等、夏は外で過ごす事が少なくないのである。
また、冷たい物を飲みすぎたり、栄養が偏ってしまったりしがちである。
そうした生活環境が髪を傷めてしまう事になり、抜け毛へとつながってしまうのである。

乾燥肌の人は、肌が白く粉をふいたようになりがちである。
頭皮も同じで、殊更にシャンプーをした後は粉がふきやすくなる。
シャンプーは乾燥肌用の刺激のおおくはないものにすべきだろう。
また、シャンプーした後はヘアトニック等を使用して頭皮に水分を補給する事が肝心である。

シャンプー後ではなく、朝、髪をセットする時にドライヤーを使いたいケースの場合は、絶対に髪を濡らしてから行おう。
髪は乾燥に途方もなく弱いのである。
乾燥すると、キューティクルが壊れやすくなり、切れ毛や枝毛の原因になってしまう。
乾燥している冬場は殊更に注意してほしい。
水道水で軽く濡らすのでも良いのであるし、ドライヤー用のローションやムース等を使用しても良いだろう。





[PR]
湯之谷温泉郷 | 六日町 |
広田 | 西谷 | 蓬平 |

スポンサーサイト



カテゴリ
タグ