お探しの情報は見つかりましたか?

いびきを防止、対策する方法として、≪口呼吸を治す≫と云うのが有る。
口呼吸と云うのは、いびきの大きな原因の一つである。口呼吸を治し、鼻呼吸にすると云う事がいびきを治す肝心な事である。
しかしながら、単に口呼吸を鼻呼吸に治せばいいと云うものじゃないのだ。鼻の疾患がある為に口呼吸しかダメと云う人も少なくはないのだ。その為にはまず鼻の疾患を耳鼻咽喉科等で診察を受けて治しよう。

いびきの防止グッズを使用して、いびきを改善するのはいい事であるが、あくまでもこれは改善で在り、治療じゃないのだ。改善で改善してくれれば良いのであるが、それでもダメなケースの場合は治療して治すと云う方法に成る。治療で人気がある方法ではレーザー治療等の手術が人気が有る。

5.鼻腔、喉、口腔に異常があるケースの場合
これこそ確実に、上気道を狭めてしまってる。この狭さを治さない限りいびきが改善される事はないとおもう。
例を挙げるとであるが、鼻中隔湾曲等の形態的異常や、呼吸筋の異常等が考慮される。

6.これ以外の原因
これは、原因が分かる事が出きないので内科的なトラブルが潜んでいるのじゃないかと考慮される。早目に専門医の診察を受けたほうが良いとおもう。

≪酸素不足≫
いびきをかくと云う時は、「上気道が狭く為ってる」と云う事であるので空気の循環が不充分となる。空気の循環が不充分と云う事は、体内に取り込まれる酸素が不足すると云う事に成る。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ