お探しの情報は見つかりましたか?

「いびき」には自覚症状はないのだが、家族や友達等の安眠を妨害したり、睡眠時無呼吸症候群、慢性疲労、脳梗塞、心臓病、突如死等たいへんな病気を生じさせたりするかも知れない
たかが「いびき」と甘くみたらたいへんな事に成るかも知れない。

いびきと云うのは、余りに為ってる人がおおく、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診察や治療が遅れてしまい、重度に成るケースの場合が有った。
いびきには薬での治療法がないと云うのが他の病気と大幅にちがう点だとおもう。その為に手術以外の民間療法がおおく有る。ただし治療効果には多少問題があると云えるが・・・・・・

また、別の原因としては扁桃腺やアデノイドと云う咽頭扁桃が肥大している事が揚げれる。この肥大のピークは10歳前後だと云われている。この肥大が収まればいびきも自然と改善されるので赤ちゃんのいびきのケースの場合で、原因が扁桃腺等の肥大のケースの場合は少し様子を観ても良いのかも知れない。

≪背中に物を入れてみる≫
パジャマ等の背中の中心に物を入れたりするのみで、仰向けで就寝する事が困難に成る。ゆえに自然と横向きで就寝する事がおおくなる。

と云うように、横向きで就寝するための方法と云うのは何種類か有る。しかし無理に実践する必要はないのだ。無理に横向きで就寝して睡眠が不充分になってしまってはかえって逆効果に成る
あまりにもいびきが改善されないようだったら、早目に耳鼻咽喉科等に診せる事が肝心である。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ