お探しの情報は見つかりましたか?

[抜け毛]と云うと男性の髪の悩みと云う印象であるが、近頃では女性でも抜け毛に苦しめられている人はおおく為っている。
女性に独自の脱毛症である[女性型脱毛症]は、頭頂部分が薄くなる脱毛症である。
一般的に、閉経した女性におおくみられる脱毛症で、女性ホルモンの分泌が消耗する事で抜け毛が促進されてしまうのである。

・曲差(きょくさ)
神底(しんてい)と呼称されるツボ(眉間の中心から指4本と小指1本分の幅上にあるツボ)から、左右に3cmレベル離れた場所にあるツボである。
抜け毛に良いだけでなく、頭痛やめまい、耳鳴りにも効果が在り、また大脳新皮質が活発化される働きもある為、記憶力アップも待望出きる。

ストレスという心理的負荷はこういった具合に髪にとって悪影響をおよぼするが、抜け毛や薄毛で苦しんでいる人は、髪の問題自体をストレスという心理的負荷に実感している人も少なくないのじゃないだろうか。
毎日抜けていく髪をみて気持ちが落ち込んでしまったり、元気をなくしてしまったりと云った事はないのであろうか?
ストレスという心理的負荷を実感して抜け毛が増大する・・、そして抜け毛の増加が更にストレスという心理的負荷となり抜け毛が増大していく・・・・・・。
これでは悪循環である。
髪の事を気にしないように、と云うのは途方もなくむずかしい問題であるが、できる限り気にしないように努力する事は肝心である。

なかなかどうして完治しなかったり、たびたび再発してしまったりするケースの場合は、専門医に診てもらってヘアケアを実践する必要が有る。
ステロイド剤やフロジン液を塗布して治療したり、ケースの場合に拠っては精神安定剤でストレスという心理的負荷を低減したりする事も有る。
円形脱毛症は、自身をいたわって!と云うシグナルである。
早目の対策を心がけよう。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ